教室のつぶやき

2020/09/21

中間テストに向けて目標設定!

さあ世間は4連休中ですが、中学生は中間テストまでどの生徒も10日を切りました!




1.2年生の運動部は新人戦大会があったので、この土日はなかなかゆっくり勉強に打ち込むことは出来ていない生徒もいることとは思いますが、ここからはテストに向けて本気で取り組んでほしいと思います!




確認テストを受け終わった生徒はその点数と、今までの定期テストの点数を参考に具体的な目標点数を設定してもらいます!

この確認テストは中間テストの学習範囲に完全に合わせているので、そこでの点数がそのまま中間テスト本番での点数にかなり近くなります。

その状況を自分で実感して、足りない部分を強化する!

この点数を上げる為に何をしなければいけないのか考える!!

そのためにも具体的に何点を取りに行くのかを細かく1教科ごとに自分で考えて設定してもらっています!




目標は具体的であればあるほど、やるべきことが明確になります。

やるべきことが明確になれば、動きやすくなります。

動きやすくなればやる気も上がりやすくなります!

やる気が出てこれば、あとは力の限り頑張りぬくのみ!!




まだ確認テストが完了していない生徒は目標設定もできていませんので、早く実施したいところです、、、

中間テストに向けて目標設定!
中間テストに向けて目標設定!

2020/09/15

みんなやれば出来る子!

今TORii塾はテスト期間真っただ中です!




1学期期末後からの既習範囲の確認テスト!




今週中に全生徒に指定範囲の課題を仕上げてもらい、その完成度を見るためのテストです。




ただ適当に課題を「進めているだけ」の生徒はそのテストはぼろぼろの結果となるでしょう。




そう。

このテストに向けて、しっかり点数が取れるように学習することが大事!




その学習した内容はそのまま2学期中間テストの範囲にもなります。

そのまま中間テストの結果につながります。




今の、確認テストの段階で、まだ本気になれていない生徒は、早く本気で取り組むべき!

でないと、またいつもの繰り返し、、、、

準備不足でテストに臨んで、結局点数は上がらず、、、むしろ下がる、、、、




そうならないためには、今すぐに動き出すべき!




何を勉強するべきか

どう勉強するべきか

どう覚えるべきか、、、、




普段からきっちり教えています。




そして迷ったときには個別で課題を増やしたり、何をするべきか相談して決めています。




何をするべきかわからない生徒は一人もいないはず!




あとは本気で取り組むかどうか!







今までの点数が低いとか、

今まで勉強してこなかったからとか、

そんなのどうだっていい




覚えるのが苦手とか、

勉強が嫌いとか、

そんなのも関係ない!




点数を上げたいという思いがあるのなら、本気でやろう!




やれば出来る子!

全員もれなくやれば出来る子!




今まではやらないから出来ない子。

もしくは中途半端にやったふりだけしてるから出来ない子。

だったはずです。




これからは!

本気でやれば、、

出来る子に!みんななれる!

みんなやれば出来る子!
みんなやれば出来る子!

2020/09/09

行動力の差

子供たちに今のうちから鍛えておいてほしい力の一つ




「行動力」




思ったことを行動に移す力




いかに素晴らしい考えや想いを持っていても、

思っているだけ、言っているだけでは何も生みださない。何も変わらない。







行動に移して初めて何かが動き出します。




それで失敗することもあるでしょう。

自体が悪化して後退することもあるでしょう。

いやむしろ失敗することの方が多いはず!




失敗したことでまた学び、次の行動につなげる!

そうすることでしか前進できない!



大人になってなおさらそれを痛感するようになっています。




まず行動に移す!

失敗を恐れない。

むしろ失敗こそが良い経験となる!




それは、子供たちにとってはなかなか理解できないことなのかもしれない。

思春期の子供にとって、失敗して恥ずかしい思いをするということがものすごい苦痛になってしまう。

そんな失敗から得られるものがあるはずもないだろう!

とね、、、

確かにそうかもしれませんが、、、

失敗をするからこそ、次なる道が開けるということ。

失敗をしたからこそ、次なる対策がより具体的にリアルに考えられるということ。

「百聞は一見にしかず」

自分で身をもって経験したからこそ、次につなげることが出来るようになる!




そこは根気強く教えていきたいと思っています!

いや、それこそ、思うだけではなく、行動で示していきます!ですね!

行動力の差
行動力の差

2020/09/08

頑張りの連鎖反応!

今日は小学生の塾生のお話しをご紹介させていただきます。







そのお宅は小学1年生の妹と、小学4年生の兄の2人兄妹。

2人は今学校の勉強以外に英検の勉強も進めています。

塾でもリスニング、リーディング、ライティングの練習をしているのですが、自宅でも練習してもらっています。




英検の試験は、妹が10月上旬であと1か月ほど。

兄は9月の下旬であと2週間ほどと迫ってきております。

兄には「毎日必ず練習してね」と課題を出しているのですが、なかなか家で練習できていないようです。

今日お母さんから、

「妹が頑張っていると兄も頑張るんです。でも妹がやる気がない日は兄も色々と言い訳をしてやらないんです、、、」

と伺いました。




なるほど!そうだよね!と私もその兄の気持ちにものすごく共感しました。

そうですよね、身近な人が頑張っている姿を見るだけで頑張る気になれるんですよね!

頑張りの連鎖反応!

私としてはこれは素晴らしいことだと思います。

悪い見方をすれば、他力本願で、自分で頑張る気をおこせないのかといわれそうですし、逆もまたしかりで、周りが頑張っていない姿を見ると、自分もやる気がうせてしまう、、という、、、

もっと自分だけで頑張れるようになりなさい!と、、、




確かにそういう自分だけでも頑張れる力を鍛えていきたいところではありますが、人間というのはなかなか周りに影響されやすいものです。

良くも悪くも、、、




それならば「良い影響」をなるべく受けやすい環境を用意できれば、それが連鎖して、ドンドンつながっていくはずです!




私自身そういった経験をしてきているのでものすごく共感できるのですが、なかなか一人で学習が進められない人にとっては周りが頑張っている姿を「見ることが出来る」という環境はものすごく大事だと思います!




TORii塾でもそれがあるので仕切りも作らないし、全生徒が全員を見渡せるようにしています。

すべての子供たちにとってそれがベストだとは言いませんが、お互いが頑張りあって高めあっていく姿というのは本当に素晴らしいと思っています。

性別、年齢、学校も関係なく。

それこそ、講師、生徒も関係ありません。




私自身、みんなの頑張りに影響を受けて頑張っている部分もたくさんあります!




私自身、この仕事を始めて、色々と変わりました。

ものすごく成長できたと感じています。




なかなか一人では頑張りきれない。

周りの人を見て、頑張る気力をもらって、また頑張れる。そしてその姿を見た誰かがまた頑張れる!




頑張りの連鎖反応!

ドンドン起こしていきたいと思います!

頑張りの連鎖反応!
頑張りの連鎖反応!

2020/09/05

確認テストに向けて!

2学期が始まって早くも3週間が経過しました。

例年よりも2週間早く2学期が始まり、中間テストも例年より2週間ほど早く実施されます!




ということは普段と変わらない授業量、学習時間での中間テスト!

なんですが、なにかいつもより時間がないように感じています。

私だけ!?




学校の授業の進み具合が遅れているわけでもないのですが、何か例年とテスト実施時期がずれていることに私が違和感を感じているだけなのでしょうか?

準備不足感が否めず、、、、




来週には確認テストを実施して、その直しをして、再来週までにそれを全生徒に終わらせておきたい!




その時点でもうテストの約10日前!

提出課題の完成、テスト範囲の総復習、そして2回目の確認テストを実施して、さらに完成度を高める!




冷静に考えるとそこまで切羽詰まっているわけではないのですが、

何か切羽詰まっている感がぬぐえない、、、




前回の1学期期末テストの結果としては、塾生全体で5教科500点中、平均25点のアップとなかなか上々の1学期の滑り出しでした。

休校期間中も生活リズム、学習リズムを崩さないように、

そして暗記テストなどの面倒な学習を習慣付けてみんな頑張った結果だと思います!




そのみんなの頑張りをしっかり今回も持続させて結果につなげないといけない!

というプレッシャーもあるのかもしれません。




来週は運動会もあり、熱中症対策、コロナ対策、

色々と心配事が尽きないというのもあるのかもしれません。




とにかく、またしっかりと私自身が気を引き締め直して頑張っていきたいと思います!

確認テストに向けて!
確認テストに向けて!