教室のつぶやき

2020/07/13

コロナ再来?

第2波による休講の可能性がかなり現実味を帯びてきました。

10月頃、12月に入ってから、などとささやかれています。




都心では新感染者数が増え続け、さらには「go to キャンペーン」なるものも発動するとかしないとか、、、

下手をしたら、緊急事態宣言当時くらいの感染者がいるのではないかという今の状態で、地方に一気に拡散するおそれがあるのでは???

と心配されている方も多いのでは??







中学校の授業では、休校になったとしても何とか指導要領の範囲の学習は完了できるように、駆け足で進めているようです。




駆け足で進めることは生徒にとってどうなんでしょうか?




確かに休校になって、それぞれの自学力に任せてしまうくらいなら、重要なポイントだけ抑えてスピーディーに展開して、後から復習できる時間的余裕を作っておくのも一つの手だとは思います。




しかしながら、スピーディーに進めるのであれば、事前準備として、高校の授業のように予習をしっかりと組み込んで行うべきだと思います。




予習の内容、やり方などを事前に具体的に指導して、それを全生徒に理解して実行してもらう!




そこまで徹底している先生もいらっしゃるようですが、なかなか全生徒がそれを実践できるのかというと難しいところではあります。

そして、そこでしっかり予習できてない生徒は、取り残されてしまいます。

今まで以上にその差が激しくなってしまう!

予習まではしなくても、授業中にしっかり聞いていれば何とかついていけた、という生徒も取り残され始めてしまう!

授業についていけなくなり始めると、、、

そのうち、まったく授業についていけなくなり、

板書するだけになり、、、

板書も面倒になってきて、、、、

最悪の状態としては、「授業時間」は寝たり絵をかいたりぼーっとしたりという「休憩時間」へと変わり果ててしまいます。




そうなるともう負のスパイラルにまっしぐら、、、受験直前に必死で頑張ったとしても、手遅れになってしまうかも、、、




かといって、今まで通りのペースで進めていては、学習しておくべき範囲の授業が全くできなくなってしまう可能性もあるわけで、

現状ではオンライン授業をしっかりと展開することはかなり難しいというところでもありますしね、、、




駆け足で授業を進めるにしても、何かしら生徒たちのフォローは考えて工夫しなければ、、、そしてそれは学校の先生だけではなく、我々も協力して考えていくべきところなわけで、、、




官民連携!




コロナの第2波に備えるためにも必要!


コロナに負けないためにも必要!!

コロナ再来?
コロナ再来?

2020/07/09

ものの見方

先日の中学1年男子との会話。




「最近の趣味は人間観察です」




おお~!いいね!




人の行動を見ていると、色々と面白い発見があると、、、

俯瞰して全体を眺めることでいつもと違うものが見えてくると、、、




中1ですごい!!すごすぎる!




誰に言われたわけでもなく、自らそこに気付く!




すごいとしか言いようがありませんね!

視点を変えることで見えるものが変わってくる、あらゆる視点、角度から物事を見て、考えることはものすごく大事なことだと思います。

ただ、それは誰かにそうしてみろと言われてすぐに出来ることではなく、自分で経験を積むことで少しずつ身についていく感覚だと思います。




目の前の出来事一つ一つをとってみても、見え方が変わってくることで、意識も変わり、行動も変わってくる、




今まで気づかなかったことに気付けるってとても面白い事のはず!







様々な視点で、様々な意見や考え方と触れ合い、ドンドン成長していってほしい!

自分もそうしたい!




まだまだ成長していきましょう!

ものの見方
ものの見方

2020/07/08

気力が、、、

昨日、中学1年生の男子から体力テストの話を聞きました。




「シャトルラン40回しかできんかった、、、」




中1男子の去年のシャトルランの平均は80~90くらいだそうで、その半分以下、、、

別に運動が苦手というわけではなく、去年のシャトルランでは80回くらい行けたらしい、、、

本人曰く、「コロナのせいで体力が低下したのもだけど、精神的にもう続ける気力が起こらなかった」と、、、




このコロナの影響で、学校は休み、外出も控えなければいけない、外で思いっきり遊べない、友達の家に行くのも控えないといけない、ということで確実に中学生は、家から出るということも極端に少なくなり体力は低下してしまっているでしょう。

今年の体力測定の結果はそれを顕著に物語ってくれるでしょう、、、

そして、体力の衰えもですが、、精神的にも良くない兆候が見られるのではないかと、、、心配になりました。

一番活発な時期の小中学生に対して、体力の衰えを心配する日が来るなんて、、、、




そして思春期という、精神力の土台を築き上げるのに大切な中高生のこの時期に、大人たちが想像している以上にコロナによる影響が今後出てくるのではないかと、、、




学力という面でもそうですが、今後は精神的な面でも、しっかりとフォローしていかなければいけないと感じた出来事でした。




スポーツテスト一つで話が飛躍しすぎかもしれませんが、、

今後、第2波のおそれ、そしてwithコロナの中でいつも通りとはいかない色々な事に対して、様々な配慮が必要になってくるはずです。




塾として出来ることは些細なことしかないかもしれませんが、来てくれる子たちにはそういった精神的な面でのサポートもしていきたいと思っています!

普段は、甘えているだけの生徒に対しては厳しい言葉をかけることが多いのが現状ではありますが、その辺も考えていかないといけないな、、、と、、、

厳しくするところはもちろん厳しくします!




厳しい中にもあらゆる配慮をしていかなければいけないな、、、というお話でした!

気力が、、、
気力が、、、

2020/07/07

やる気の波!

やる気の波、調子の波、

試合の流れ、




理屈ではわからない、波や流れという言葉




でも確かにそれは存在し、全員に、万物に、同じようにあると思います。







はたから見ていると、常に頑張っていそうな人も、




常にだらけてばかりいる人も、




やる気が出ない時もあれば、ものすごくやる気に満ち溢れる時もある!




でも、色々なところで差がついてくる。




それはなぜか、、、、




やる気が出ようが出なかろうが、

やるかやらないかの違い!




だるいから、

やる気がないから、




でもやる!




やらない選択をしてしまったら、、、そういうこと




それが習慣となり、良くも悪くもなっていく、、、







わりと口癖のように生徒たちに言うことが多い言葉、、、

今年はまだ生徒たちに言っていないかもしれませんが、、




やる気は誰かに与えてくれるのを待ってちゃダメ!

そういうことは確かにあるかもしれないけど、いつまで待つ?一生来ないかも!?

じゃあ自分で絞り出すしかない!

やる気がない時こそ、頑張りどころ!

そこで頑張ることこそ、大きく成長できるとき!




やる気がない時程頑張れる精神力を鍛えよう!

やる気の波!
やる気の波!

2020/07/06

学校から出されるものをしっかりやれば?!

今週が塾テストの受験期限となっております!

塾テストは課題を完了させないと受けられません。

課題の進行具合に個人差があるため、テストの実施日を2週間と長めにとっております!

その期限が今週いっぱい!




今のところ課題をしっかり終わらせて5教科すべてのテストを完了できた生徒は2名のみ!

残りの生徒も今週中に間に合うように、危機感を持って取り組んでほしいと思います!




課題完了という目標はあくまでも、テスト結果をよくするために!解ける問題を1問でも増やすために!課題を進める!

課題提出を目的として答えを全て写しても何の意味もありません!




学校の提出物は出すことで成績に反映されますので、土壇場になってしまったらとにかく出すことを目的とすることもやむなしですが、、、

今、塾としての提出物は全く意味が違います!




塾の課題は基本的に学校の課題と被ります。

学校で使用している教材をそのまま塾の課題として進めてもらっています!

それ以外の補充プリントもありますが、基本的には学校のワークがメイン課題!




正直なところ、学校からの提出物を、しっかりと入念に進めていく方がテストの点数につながりやすいです!

間違いなく効率が良くなる!!

なぜならその学校の学習に合わせた内容の課題だからです!

そしてそのワークやプリントの問題を参考に実際のテストを作ったりもします。

下手をしたら全く同じ問題の時だってあります。

そりゃあ確実にテストの点数アップにつながるわけですよ!!




しかしながら、その提出物をないがしろにして(答え丸写し)ほかの教材で勉強しようと頑張っている生徒はことのほか多いのではないかと思います。

ものすごくむだ!!

まず活用できる目の前の教材を適当にやって、なんで別の教材に手を出してしまうのか、、、、

はっきり言って、、、




むだ!!




効率悪すぎです!




「だってわからんもん」とか、、まあ確かに教材によってはわかりにくい、解きにくい問題を易しく解きやすくヒント満載のものもあったりします。




そういうものはぜひ活用しすればいいと思います!

だがしかし、

それをやった後に、学校の課題をやるべき!




理由はさっきも言いましたが、効率がいいから!!!!







かたや、学校のワークだけでは応用問題まで全部カバーできないから、、、、とか、




いやそれは学校の課題全部完璧に理解して覚えた人が次にやることだから、、、




とにかく、適当な理由をつけて学校の課題をないがしろにしている生徒が多すぎます!

どうせ提出しなければいけない提出物!




完璧にやっちゃいましょうよ!

もし、いままで、真剣に、本気でやってなかったなら、、

それを本気でやっちゃうだけで確実に点数は爆上がりしますから!!




ということで、学校のワークすらもちゃんと出来てない、やってないくせに、




他のことをやろうとすることの愚かさを語らせてもらいました!




ちょっととげのある言い方がもしれませんが、、




やろう!!

学校から出されるものをしっかりやれば?!
学校から出されるものをしっかりやれば?!